DHAを多く含む食品

DHAを多く含む食品にはどんなものがあるのでしょう。
一般的には「お魚」と言われ、特に青魚が注目されています。
魚名を挙げるとサンマや鰯、マグロ、鯖、ブリなどです。

 

また、最近では青魚の他にも亜麻仁油も話題になっています。
DHAを食品で摂る選択枝が増えることになるので、「お魚が苦手」、「青魚はアレルギーが心配」という人にとっては朗報でしょう。

 

また、DHAは酸化によって劣化しやすく、熱に弱い特性があるので、料理や調理方法にも注意が必要です。
「溶けやすい」という特性もあるので、煮魚の場合、「DHAを摂る」という観点で見れば、煮汁もあまり捨てたくありません。




お試しや購入窓口へのリンクはこちら
サントリーのDHA&EPA+セサミンEX
※別なサイトが別ウインドウで開きます。

DHAを含む食品記事一覧

魚は健康にいい、という根拠のひとつがDHAです。たとえば、頭脳の働きをよくするからと、オメガ3系脂肪酸のDHAを多く含む魚は受験生にも人気が高いようです。大人にとっても、血液サラサラで生活習慣病の予防、うつ病や認知症の予防などにもいいと評判高く、幅広い年齢層に有益な食材となっています。それではどんな魚にDHAは多く含まれているのでしょうか?魚種別では、DHAを多く含む魚は、青魚が多いことが見て取れ...

EPA(国際的にはIPA)はオメガ3系脂肪酸の不飽和脂肪酸です。魚に多く含まれているといわれ、動脈硬化の予防など、生活習慣病の予防になることは、口コミなどで広く知られています。今のところ大丈夫という人も、予防的にこうした魚を食べて、食事療法とて習慣化することも健康のためにはおすすめです。

亜麻仁油は、α-リノレン酸がじつに豊富な植物油です。青魚のDHAなどと同様、オメガ3系脂肪酸の仲間であり、多彩な健康効果が認められています。亜麻仁油のα-リノレン酸は、体内で合成することができない必須脂肪酸です。したがって、ヒト体内にあるα-リノレン酸の量は、食品からの摂取量を反映しているといえます。ところで、αリノレン酸を摂ることが、どうして「DHAを補給できる」につながるのでしょうか。

生活習慣病の予防に有益だと評判のDHAやEPAは、イワシやサンマなど青魚の魚油に豊富な成分として知られています。魚嫌いの人にはネックになるポイントですが、魚以外の食品で代替可能か、ネットで真剣に検索する人は少なくないようです。魚以外のただ一つの代替方法に、α-リノレン酸の摂取があげられます。α-リノレン酸は、体内での代謝により一部がDHAやEPAに変換されます。もちろん本物の成分として働くので、魚...

調理が面倒だとか、ニオイが嫌いだとか、子供の受けが悪いとか、きょうびは、青魚の旗色がいささかよくないようですが、食べ方のほうに原因があるのかもしれません。話題のDHAやEPAの宝庫である食品でもあり、何としても摂取方法に工夫を凝らしたいものです。青魚のDHAやEPAは、酸化しやすい性質があります。したがって、食べ方は生食がベストです。お刺身が代表的ですが、カルパッチョを和洋折衷で魚肉を使って、オリ...