お試しや購入窓口へのリンクはこちら
サントリーのDHA&EPA+セサミンEX
※別なサイトが別ウインドウで開きます。

DHA・EPA基礎知識記事一覧

不飽和脂肪酸とは、炭素同士のつながりの中で、所々に二重結合を持っている(水素で飽和されていない)脂肪酸を指します。EPAやDHAなど、健康成分として評判の成分もこの仲間で、生活習慣病の予防など健康寿命を延ばすうえで不可欠の成分です。一口に、不飽和脂肪酸とはいっても、化学構造的に種類が分けられます。脂肪酸の一端にあるカルボキシル基(-COOH)から一番遠いところにある二重結合がn-3番目ならオメガ3...

一般に、オメガ3系脂肪酸のDHAとEPAの摂取量は、1日に1g以上が望ましいというのがひとつの指針になっています。その根拠としては、厚生労働省から出た2010年版の『日本人の食事摂取基準』の記述が元になっています。2015年版でも触れられており、「n-3脂肪酸の食事摂取基準」として掲載されています。※n-3脂肪酸とはオメガ3脂肪酸のこと。それも年齢、男女別でかなり詳細に摂取量が分類されており、その...

生活習慣病の予防を考える人は多くいますが、DHAとEHAの違いにはあまり関心が払われないようです。ともに、青魚などの魚油由来のオメガ3系脂肪酸であるなど共通点が多く、専門家の間でも区別があいまいになっている節があります。オメガ3系脂肪酸は、不飽和脂肪酸の仲間で、炭素のつながりの中で、所々に二重結合がある脂肪酸です。化学構造的に、DHAとEHAの違いとして、二重結合の数が前者は6つ、後者は5つという...

DHAやEPAに副作用はあるのか、とくにサプリで摂取する際、関心の高いテーマであるようです。DHAやEPAは、青魚など、一般の食品に入っている成分なので安全なようにみえますが、それでも心配な人は心配なのです。カフェインでも摂りすぎれば副作用的な不都合がありますから、いろいろ心配になるのもわかります。そもそも、DHAもEPAも、人間の体内に存在する成分なので当然、安全性の高い成分であるといえます。副...

うつの治療方法には、薬物療法やカウンセリングのほかに、オメガ3系脂肪酸のDHAやEPAの摂取が効果的だと、ちまたで評判になっています。そもそも、うつとは、脳内で神経伝達物質の受け渡しが不活発になり、感情を作る機能がうまくいっていない状態だといわれています。成分的に、脳の神経細胞の膜は、大部分が脂肪でできています。そこへDHAやEPAを潤沢に送り込むことで、膜に柔軟性を与えることができる可能性はあり...